leam

sub-tle. / 2013

composed + performed by satoshi okamoto
produced by andi toma
mastered by tony cousins

guest vocal by kazumi nikaido (Tr 06, 09), kyoka (Tr 01)
strings by andré de ridder (Tr 09), solistenensemble kaleidoskop (Tr 08)
drums by utku tavil (Tr 08)

released on 11.09.2013 from onpa)))))® .

  • 01. æ
  • 02. ram of lv
  • 03. balfour
  • 04. ten things i would like to be
  • 05. one of 106
  • 06. realease
  • 07. mind state of
  • 08. loutoy
  • 09. part two
  • 10. in her side
  • 11. pale rider jumps whiter
  • 12. leam

The second full-length album entitled ‘leam’ by sub-tle. out on 11.09.2013.

Satoshi Okamoto a.k.a  sub-tle. , the Berlin sound artist, right hand man of the late Klaus Dinger, is to release his second album entitled leam.

sub-tle. participated on Klaus’ posthumous work japandorf released April 2013, and in some ways this album continues and further explores themes developed in that process, culminating in an album which displays the depth of Satoshi’s talent and showcasing the skills of the wonderful range of his collaborators.
All tracks were produced by Andi Toma (Mouse on Mars) with guest vocals by Kazumi Nikaido (P-Vine) and Kyoka (onpa/Raster Noton).
Acoustic and organic, live and electronic sound take us into a world of subtle, delicate and beautiful melody bringing a desolate feeling that lingers…

The opening track of the album: æ features Kyoka’s innocently floating voice. Kazumi’s vocals appears on track 6 realease and track 9 part two – which sounds like a gentle breeze with a phantasmagoric tone. Track 7: mind state of is reminiscent of Conny Plank’s Neue Deutsche Welle works, a feel that extends across 12 tracks on the album.

Andi’s production shows how he has sublimated his life long avant-garde style into the work – which could be seen as masterpiece to stand alongside Elpmas, his work with Moondog.
Also appearing alongside Satoshi Okamoto is contemporary classical music ensemble, Solistenensemble Kaleidoskop from Berlin, renowned conductor André de Ridder on violin, and Tony Cousins, mastering engineer for David Sylvian, Massive Attack, Peter Gabriel, Adele etc.

The second album entitled leam is released by the sound&media art curators team onpa. The first album reached No.1 on the ZIP-FM (Nagoya/Japan), FM NORTHWAVE (Sapporo/Japan) and SHIBUYA FM (Tokyo/Japan) charts.

we had such a great time in the studio mixing and adding instruments to satoshi's world of sounds, i recommend to listen with headphones or at least with good speakers for this album.

Andi Toma

 — 
Mouse On Mars

you can find references to american minimalism, epic song mutations like van dykes parks, ghibli soundtracks, free folk, experimental electronica and yea, pop music. an outstanding masterpiece of contemporary music production without being pretentious or ambitious, skillfully arranged and produced with subtlety. it's actually just: great.

Jan St. Werner

 — 
Mouse On Mars

『leam』by サヴトレ(sub-tle.)

故クラウス・ディンガー(ex. クラフトワーク/ラ・デュッセルドルフ)の右腕の一人だったベルリン在住のサウンドアーティスト、オカモトサトシのソロプロジェクト、サヴトレ(sub- tle.)のセカンドアルバム。

同年4月にリリースされたクラウス・ディンガーの遺作プロジェクト『japandorf』にも参加したサヴトレ。話題の絶えない中、今回のアルバムはそのとどめを刺す布陣で製作された。プロデュースにマウス・オン・マーズのアンディ・トーマ。ゲストボイスとして、二階堂和美、そしてkyokaも参加。アコースティックな生音と電子音が、幽玄で美麗な旋律を生み出し、底の見えぬ寂寥を覚える楽曲群。kyokaの無邪気に浮遊する声を活かしたオープニング曲『æ』。二階堂和美の風のような優しくも変幻自在なボイスが特徴の6曲目『realease』や9曲目『part two』。ヨーロッパのニュー・ウェイヴの祖、コニー・プランクによるノイエ・ドイチェ・ヴェレのムーブメントを彷彿とさせる7曲目『mind state of』など収録の全12曲。

アンディ・トーマのプロデュースワークは、長年のアヴァンギャルド性を昇華し、ついでにムーンドッグとの共作『Elpmas』とも肩を並べる大傑作だと形容すると罰が当たるだろうか。また、ベルリン発で世界を股にかける現代音楽アンサンブル 「Solistenensemble Kaleidoskop」や、現代音楽で人気の指揮者André de Ridderのヴァイオリン演奏、そしてデヴィッド・シルビアンの最新作や、マッシヴ・アタックの名作、ピーターガブリエルやAdeleなどを手がけたマ スタリングのTony Cousinsもオカモトサトシをサポート。

日本ではZIP-FM, FM NORTH WAVE, SHIBUYA FMで軒並みカレッジチャートの1位を獲得したファースト『pre_mary』と同様、このセカンドアルバム『leam』は、ベルリン美術界で活躍する アート・キュレイターズ・ビューロー、onpa)))))®より、2013年9月11日世界リリース(2013年9月4日日本先行)。

サトシの音世界に楽器を重ねたりミックスしたり、、 僕らスタジオで、それは素晴らしい時間を過ごしたんだよ! この作品は、ヘッドフォンや良質なスピーカーで聴くことをお勧めするね。

Andi Toma

 — 
Mouse On Mars

アブストラクト且つ音楽的な風景につつまれてゆく美しい旅。君はここに、アメリカン・ミニマリズムや van dyke parks の如く壮大で叙事詩的な楽曲の突然変異、ジブリのサウンドトラックやフリーフォーク、実験的なエレクトロニカや、、、そう、『ポップミュージック』を耳にすることになる。現在の現代音楽プロダクションにおいて突出したこの傑作は、自惚れた尊大さや野心におぼれることなく技術や経験に裏付けられたアレンジがなされ、繊細且つ緻密、”subtlety” に制作されている。

そう、それはもうただ、、great だよ。

Jan St. Werner

 — 
Mouse On Mars